さくら折紙

新構造「ウエチユニット」の紹介とクラフト教材の通販|さくら折紙

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ウエチユニットおよびその構造物について

ウエチユニットおよびその構造物について

はじめに

  新聞紙のように薄い紙でも、折り紙の要領で折りたたむことにより、折り曲げられた紙には、高い強度が生まれることが周知されています。
その効果を用い、折紙玩具や化粧箱、みかん箱(ダンボール)などが作られ各種商品の梱包や搬送の用途などに利用されています。

考案品の特徴 



 考案品の特徴は、スリットを有した複数の本体部材と同じくスリットを有した本体部材を用い、頑丈で安定した構造物を作ることであります。(下記図参照 )

考案物の組立には、はさみや糊、接着剤、その他道具を使用せず、紙などのシート状素材の応力と摩擦力だけで構造物を維持および製作することが可能です。

 ウエチユニット構造物は、組み立てが容易で十分な強度を有する、シート状部材から組み立てられる組立構造物です。


 

試作品について


1.組立ダンボール製椅子と円形テーブル

 

 


2.組立サッカーボール (折り紙紙使用)

   

(材料:教育用折り紙を32枚使用)    (拡大写真は最後の結合部材を差し込む際の様子)


3.硬質紙で作成された組立サッカーボール(32面)

 

 

 

硬質紙製サッカーボール 大と小       (飛行機はプラモデル全長約18cm)

4.72面を有する特殊サッカーボール(写真参照)

   

特徴:六角形のパーツの数を増減ことによって、32,52,92,182,・・と1024個の
面を
有する球体を作ることができます。使用する六角形の枚数を増やすと、より大きな球体を作ることができます。
 

5.球の内部が表であることを特徴とする球状構造物

   

 特徴:本体の外側に糊しろ部分がある。内側には折り目がない構造であることから壊れやすい品物や球状の品物を梱包する際に用途がある。
 

6.ハニカム構造の球状構造物

  

 

     

 

ハニカム球体の素材               ( 組立途中図 (6ピース) )



 

7.240個の三角形を有した内部に広い空間を有する球状構造物

       

 

240個の三角形を有する球状ハニカム構造体 全景(直径110cm)  ( 素材および組立展開図 )

{C}{C} {C}  {C}{C}

 用途
1.鳥かご、ペット玩具
2.照明器具
3.花壇などの屋根、海用生物の生簀、モズク養殖の骨格



8.ハニカムトンネル状構造体

{C}{C} {C}    {C}{C}

{C}{C} {C}   {C}{C}

 

{C}{C}

 

 用途 
1.野菜などを育てるビニールハウス骨格
2.ドーム状建築物
3.トンネル補強資材

 

 

{C}{C}{C}{C}9.提案図

{C}{C}{C}{C}{C}{C}{C}{C}{C}{C} {C}

{C}{C}{C}{C}{C}{C}

 

提案例 : 簡易住居       ☆  津波避難用カプセル型シェルター

( 用途 : キャンプ場や建物の屋上などの雨風よけ、ベランダに子供部屋として。)

{C}{C}{C}{C} {C}{C} {C}{C}{C}{C}{C}{C}{C}{C} {C}{C} {C}{C}

提案例:簡易トイレ(災害・被災地用)  :   座椅子型ペットハウス

(考案例:大型のダンボール箱の側面に椅子の設計図と多少の切れ目を予め施しておく、お客様は、箱から商品を取りだした後に、その空き箱を利用して簡易な椅子、災害時のトイレ、猫などのペットハウス、踏み台などとして簡易な椅子として利用する。

メリット : 商品箱の印刷された企業名や商品名がそのまま広告媒体として利用できます。

【 試作品の補足 】

 以上、今回の提案の試作品は、簡素な素材の組立で構造物を作ることができます。大きな構造体を作る際も3種類程度の小さな金型で作ることができます。製造コスト削減に貢献できると考えられます。また、商品の組立はお客様自身が折り紙遊びやプラモデルの様に楽しみながら作ることができます。これも製造工程を省略できます。また考案は、折り紙やボール紙などの紙製品に限定されず、金型で作成されたプラスチックや金属板、木材、竹材、ガラスなどで構成されていてもよく、また、その他材料などと置換・複合して構成されていてもかまいません。また、紙を用いれば各種印刷を自由に行うことができ、また、お客様自身ではさみやカッターナイフの文具で自由にカット・加工・彩色することが可能です。

【 まとめ 】

 

上記写真は、1967年モントリオール万博が開催された際のアメリカ館でバックミンスター・フラー(建築家・デザイナー・発明家)の作品です。
 
日本国内にも上記巨大なドーム状構造物を作る機会がありましたら、わが社もそれに少しでも携わることができたらと希望します。

【 備考 】上記考案は、特許、PTC国際出願または特許出願中の案件を含んで下ります。第三者への提供の際は、当方への事前の連絡をお願いいたします。

【 資料 】      外部参考資料

         {C}{C}ファイル:Biosphère Montréal.jpg {C}

Richard Buckminster Fuller 作

ジオデシック・ドーム

上記写真は、1967年モントリオール万博が開催された際のアメリカ館でバックミンスター・フラー(建築家・デザイナー・発明家)の作品です。雨の多い沖縄にもひとつくらい大きなドームを持つ野球、サッカー競技場があると良いですね。当方の将来の夢です。